古いガラス(昔風のガラス)の販売始めました!

古いガラス(昔風のガラス)の販売始めました!

アイキャッチ画像

古い昔の窓ガラスって、ゆらいで見えるので凄く味があるんですよね。

昔(明治,大正,昭和初期)は、ガラスの製造の技術が足らなかった為に、歪みやゆらぎ、泡などの不純物が入ることによって、レトロ感あるガラスに仕上がっていた訳です。

現在は、ガラスの製造の技術が進歩し、揺らぎはおろか、泡等の不純物が入ることもまずありません。

しかし、歴史ある古い旅館や建造物の修理・修繕には、この「古いガラス」「昔のガラス」が必要。
このニーズを解決してくれるのが、輸入のレトロガラス、昭和レトロガラスです。

昭和レトロガラス

昭和レトロガラスのゆらぎ

ゆらぎのあるガラスは、国内では作られていませんが、なんと海外では生産されています! 近年見られるレトロな窓ガラスは輸入ガラスなのかもしれませんね。

当社でもゆらいだ輸入ガラスを扱っています。「昭和レトロガラス」と呼ばれる大変人気のあるガラスです。

しかし、輸入ガラスには次の問題があります。

  • 値段が高価(海外運送費を含む為)
  • 安定供給が出来ない(在庫が切れると長期欠品する場合がある)
  • ガラス厚みが固定 3mm

この問題を解決し、最近人気急上昇の昔風ガラスが、昭和レトロ風ガラスです。

昭和レトロ風ガラス

昭和レトロ風ガラスのゆらぎ

昭和レトロ風ガラスは、特殊な透明塗料をガラスの表面にコーティングすることで、ガラスに擬似的に揺らぎを入れました。国内で製造されるため安定供給が可能で、ガラスの厚み・サイズの制限が輸入ガラスほど小さくありません。このメリットにプ続き、価格が安いというのも人気の理由です。

「昭和レトロガラス」と「昭和レトロ風ガラス」の比較

輸入レトロガラス(レトロン)と昭和レトロ風ガラスの比較
 

昭和レトロガラス レトロン

昭和レトロ風ガラス

揺らぎ

ガラス自体に揺らぎがある

擬似的な揺らぎ(特殊コーティング)

製造

ヨーロッパ 輸入品

国内生産

価格

やや高価

安価に作れる

納期

在庫があればすぐにお出しできる
※在庫がなければ船便輸入の為2ヶ月以上かかる場合もある

10日前後

安定供給

在庫がなくなった場合に納期が掛かる

安定供給できる

厚み

3mmのみ

3mm 5mm (5mm以上も可能)

お手入れ

通常のガラスと同じ

※1 コーティング部分は注意が必要

※1 コーティング部分(片面)は、通常のタオル等で拭くと小傷が付きやすいため、お手入れの際には、メガネ拭きのようなやわらかい布で優しく拭いて下さい。(小傷が古さを表現してくれると、喜ばれる方もいらっしゃいます)

施工事例

昭和レトロ風ガラスの施工事例写真(1)
昭和レトロ風ガラスの施工事例写真(2)

古いガラス・昔風のガラスは、当社の「昭和レトロガラス」&「昭和レトロ風ガラス」を是非ご利用ください。

昭和レトロガラスについて

ガラスのことなら私達にお気軽にご相談下さい!
受付時間:09:00~18:00 (毎週日曜日・祝日 定休)