希少在庫 昭和型板ガラスについて|デザインガラス.COM

希少在庫 昭和型板ガラスとは

アイキャッチ画像

在庫限り!昭和初期に人気のあった柄入りのデザインガラス

昭和型板ガラス「ときわ」

昭和初期に人気のあった、ガラスの片面に柄の入ったデザインガラスの「昭和型板ガラス」。昭和当時は様々な柄が製造されていましたが、現在では廃盤になってしまいました。そのような貴重な「昭和型板ガラス」を、当社では20種類以上の豊富なデザインで取り揃えました。それが、「希少在庫 昭和型板ガラス」シリーズです。入手経路がほぼ閉ざされた、大変貴重な「希少在庫」の商品です。

50年前の貴重なガラスを厳選して集めました!

当サイトで販売しているもう一つの「昭和型板ガラス」は、昭和初期に人気のあったガラスの復刻版。昭和当時使用されていた型を使い海外で生産した輸入ガラスです。一方でこの「希少在庫 昭和型板ガラス」は、70年代当時に国内で製造された本物の型板ガラス。50年間生き続けた、正真正銘の「昭和型板ガラス」です。当社では、この貴重なガラスをこつこつと集め続け、ついに「希少在庫 昭和型板ガラス」として皆様に販売できるようになりました。今、ここでしか買えない商品です。

昭和型板ガラス「いろり」

このガラスの特徴は、素朴でどこか懐かしさを感じる柄と、視界を遮るざらざら感。柄が入っていない面は表面が少し波打っており、近代の洗練されたガラスには出せない不安定さを備えているのもこのガラスの魅力です。アンティークやレトロな雰囲気の演出に活躍してくれるほか、昔ながらの家具や古民家の修繕にももちろんおすすめです。

昭和型板ガラス「夜空」
また今日、その希少性が話題になり、SNS等でも再び注目され始めています。その中でも特に関心が寄せられている柄が「SK-007 よぞら」です。名前の通り「星がまたたく夜空」を思わせるようなデザインで、どこかで見たことがあるような懐かしさとその繊細なデザインが再び人々を惹きつけています。

現在廃盤ということで、ご用意している「希少在庫 昭和型板ガラス」は数に限りがございます。手に入るのは今だけです。その希少性とノスタルジックな柄に惹かれた方は、ぜひお早めにご注文ください。

特徴 デザイン性が高く種類が豊富。アンティーク調のガラス
在庫限りの希少商品
厚み 2mm 4mm
※商品によって異なります
※厚みの表示についての注意(厚みの公差)

希少在庫 昭和型板ガラス オーダー参考価

  〜200mm 〜400mm 〜600mm
〜300mm 通常2,970円
〜1,800円(税別)
通常5,940円
〜3,600円(税別)
通常8,910円
〜5,400円(税別)
〜600mm 通常5,940円
〜3,600円(税別)
通常11,444円
〜6,936円(税別)
通常16,170円
〜9,800円(税別)
〜900mm 通常8,910円
〜5,400円(税別)
通常16,170円
〜9,800円(税別)
通常22,275円
〜13,500円(税別)

※もっとお得に! 枚数に応じて安くなりますので、お見積・ご相談下さい。
※1mm単位でのオーダーが可能です。

希少在庫 昭和型板ガラスシリーズ Q&A

Q. 希少在庫 昭和型板ガラスシリーズは自分で切断できますか?

A. ガラスカッターというものを使って自分で切断することも可能ですが、デコボコが多いため、切断の失敗の可能性があります。 高価なガラスですので、自分でお切りにならずに、当社でオーダーサイズでご注文されることをお勧めいたします。ガラスの切断方法はガラスのホームセンター「ギヤマン」にて動画でご覧いただけます!

区切り線

Q. 希少在庫 昭和型板ガラスシリーズに穴あけは可能ですか?

A. 不可能ではありませんが、表面が凸凹している為、失敗が多いので穴開けは不可だと思ってください。

区切り線

Q. 強化ガラスに加工することは出来ますか?

A. 希少在庫 昭和型板ガラスシリーズは強化ガラスに加工することは出来ません。

区切り線

Q. サンプルを見せていただくことは出来ますか?

A. 希少在庫 昭和型板ガラスは約25mm×50mmのサンプルガラスを無料でお送りすることが可能なガラスです。お電話でご請求ください。

区切り線

Q. 一般的な建具(室内ドア・内装窓)のガラスの取り付け方を教えてください

A. 一般的な室内ドアや内装窓では、「抑え縁」をねじ止めしてガラスが固定されています。交換の際は、ビスを外してお取り替えください。

取り付け方図解
区切り線

Q. ガラスをコーキングで固定する場合、クリアランスはどの位とればいいですか?

A. ガラスの厚みによって、おすすめの溝のクリアランス(隙間)のサイズが異なります。デザインガラスで一番多い4mm厚のガラスですと、図のように5mm位のクリアランスを取られることをお勧めします。

その他の厚みのガラスをコーキングで固定される場合は、クリアランスのおすすめのサイズが異なりますので、お気軽にお問合せください。

クリアランスについての解説図
区切り線

Q. ガラスの寸法公差(サイズの誤差)はどれくらいですか?

A. ご指定が無い場合、寸法公差(サイズの誤差)は±1ミリとなります。※厚みやガラスの種類によって変わる場合がございます。 指定のサイズより大きくなると困る場合は+0ミリ指定(+0mm~-2mm)、小さくなると困る場合は-0ミリ指定(-0mm~+2mm)なども可能です。 ガラスの種類や厚みによっては、±1ミリよりも少ない範囲での公差(サイズの誤差)も可能な場合もございます。ご希望の場合はお申し付けください。

区切り線

Q. 施工業者の方と御社で「直接やりとり」をしていただくことは出来ますか?

A. 可能です。お客様がご依頼されている施工業者様(工務店・建具店・大工)さんと当社で直接打ち合わせすることは可能です。施工業者様からお電話いただくか、当社から施工業者様にお電話致します。

区切り線

Q. 急ぎなのですが、すぐに送ってもらえますか?

A. お急ぎの場合、納期の短縮に可能な限りの対応をさせていただきます。お客様のご要望にお応えできるよう、全力で対応させていただきますのでお気軽にご相談ください!

お見積り・お問い合わせはこちら!
受付時間:09:00~18:00 (毎週日曜日・祝日 定休)