お家の門をお洒落に装飾!「アルトドイッチェK」を使用した事例(大阪府泉南郡 I様)

お家の門をお洒落に装飾!「アルトドイッチェK」を使用した事例 (大阪府泉南郡 I様)

  • 家の外装に使用した「SAG-025 アルトドイッチェK」 -1
  • 家の外装に使用した「SAG-025 アルトドイッチェK」 -1

今回ご紹介するのは、お家の門の装飾に「アルトドイッチェK」を使用した事例です。「アルトドイッチェK」は、うねるような模様と泡が入ったデザインの透明なガラスです。外装に用いるということで、デザインガラスを外での使用に適した「合わせガラス」に加工しています。

いただいたお写真は、夜に撮影されたものでしょうか。まるでお洒落なお店のような入り口ですね。

照明に照らされて、デザインガラスの模様が浮かび上がっているのがとても綺麗です。「アルトドイッチェK」の揺らめく水面のようなデザイン。門のモダンで落ち着いた雰囲気を邪魔せず、訪問者を優しく出迎えてくれそうです。

今回ご注文いただいた内容

アルトドイッチェK
品番 / 品種 SAG-025 / アルトドイッチェK
形状 四角形
サイズ 横260mm × 縦1830mm (重量:14kg/1枚)
切断面の処理 糸面【C】
その他の加工
  • 柄の方向性:縦柄
  • 合わせガラス特殊仕様
    (アルトドイッチェ4ミリ+強化ガラス8ミリ)

「SAG-025 アルトドイッチェK」について 詳しくはこちら

切断面の処理は、糸面取り【ランクC】です。手が切れないように軽く面をとってあります。ガラス代金に応じて料金をサービスできる場合もあるため、枠にガラスの切断面が隠れてしまう場合などはおすすめです。

「アルトドイッチェK」の模様には向きがあります。今回は「縦柄」でご注文いただきました。縦向き / 横向きで模様の見え方に違いのあるデザインガラスは、ご注文時に向きをご指定下い。

合わせガラスとは?

今回の事例では、8ミリ厚の強化ガラスとの「合わせガラス」にしています。
合わせガラスについて

「合わせガラス」とは、デザインガラスと透明ガラス(あるいは強化ガラス)の間に特殊フィルムを挟んだガラスのことです。この合わせ加工を施すことで、ガラスの耐風圧、耐加重性能が増し、破損した際にも優れた飛散防止効果を発揮します。

室内にしか使えないような薄いデザインガラスも、合わせガラスにすることで外装に使えるようになりますよ。

I様よりいただいたメッセージ

I様よりいただいたメッセージ

この度は大変お世話になりました。
おかげさまできれいに出来あがりました。またぜひ宜しくお願いいたします! 

外装として使用するなら「合わせガラス」加工がおすすめ!

いかがでしたでしょうか。今回は、表札の装飾に「アルトドイッチェK」を使用した事例をご紹介しました。「アルトドイッチェK」は、レトロやアンティークな内装に使用される人気のガラスです。間仕切りや室内扉として使用されることが多いですが、今回の事例のように合わせガラスに加工することで、外装としても使用いただけますよ。デザインガラスで、外装もお洒落にこだわってみませんか。お問い合わせお待ちしております。

お問い合わせ・お見積もりはこちら!
お問い合わせ・お見積もりはこちら!
受付時間:09:00~18:00 (毎週日曜日・祝日 定休)