雪見障子のガラスに「昭和レトロガラス」を使用した事例(徳島県徳島市 M様)

今回は雪見障子のガラスに「昭和レトロガラス」を使用した事例をご紹介します。雪見障子とは、障子の下の半分にガラスがはめ込まれているもので、障子を閉めていても室内から外の風景を眺めることができます。

ガラス設置後のお写真

昭和レトロガラス設置後の様子がこちら。素敵なお写真ありがとうございます。

ガラスの向こう側の景色が揺らいででいるのがわかります。「昭和レトロガラス」は昔ながらの懐かしさを感じるガラスです。普通ガラスでは出すことのできない味があるので、レトロ感を出したい方にはぴったりですよ。

昭和レトロガラスは2種類あります

昭和レトロガラスには、ガラス本体に歪みのある「輸入レトロガラス(レトロン)」とガラスの片面に透明の塗料を使ってあえて歪みを作り出した、「昭和レトロ風ガラス」があります。ほとんど見た目に違いはありませんが、製作可能なサイズや厚み、価格が異なります。昭和レトロガラスをお考えの方は、お気軽にご相談ください。

今回ご注文いただいた内容

品番 / 品種 SRG-003 / 昭和レトロガラス レトロン
形状 四角形
サイズ 横529mm × 縦780mm
切断面の処理 糸面【C】
その他の加工 -

「SRG-003 昭和レトロガラス レトロン」について 詳しくはこちら

味のあるレトロ感が出せる「昭和レトロガラス」

今回は、雪見障子のガラスに「昭和レトロガラス」を使用した事例を紹介しました。昭和レトロガラスは、お城や歴史ある古い旅館によく利用されています。実際に見てみたいという方は、サンプルもご用意可能です。お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせ・お見積もりはコチラ
受付時間:09:00~18:00 (毎週日曜日・祝日 定休)