レトロモダンなハンバーガショップのファサード窓ガラスに「昭和レトロ風ガラス」を使用した事例 (Y様)|デザインガラス.COM

レトロモダンなハンバーガショップのファサード窓ガラスに「昭和レトロ風ガラス」を使用した事例 (Y様)

  • 施工された「昭和型板ガラス」
  • 店舗内から見た「昭和風レトロガラス」
  • 施工された「昭和型板ガラス」
  • 店舗内から見た「昭和風レトロガラス」

今回ご紹介するのは、ハンバーガーショップのファサード窓に「昭和レトロ風ガラス」を使用した事例です。

お店の正面は、1番お客様の目に触れる場所ですよね。お店の雰囲気に合ったガラスを窓に取り付けることで、イメージを印象付けることができます。

お客様にいただいたお写真

施工前と後のお写真をいただきました。壁やフレームの色を変えるだけで雰囲気がガラっと変わりましたね。

今回ご注文いただいた「昭和レトロ風ガラス」は揺らぎがあるデザインのガラスでレトロな雰囲気を創り出してくれるガラスです。今回は、ブラックの窓枠と組み合わせたことで、古風なレンガ調の中にモダンな印象が加わり、レトロモダンな雰囲気を醸し出しています。

窓の無い入り口に比べると、大きな窓ガラスを設置することで明るい印象になり、親しみやすくなります。透明感のあるガラスを使用すれば、窓枠や壁が重みのある暗い色合いでも、スッキリとした印象になりますよ。

お客様にいただいたビフォーアフターの写真

大きな窓ガラスを設置するメリットは…?

今回は、ショップの正面に大きな窓ガラスを設置することで期待できる効果を2つご紹介しますね。

まず1つ目は、「お客様が安心して店内に入って来てくれる」ということです。

皆さんは、窓が無い店と、窓がある店があったら、どちらに入りますか?
私だったら、店内の雰囲気や何を扱っている店なのかが分かる、窓のある店に入ります。どんな雰囲気で何を扱っているお店なのか、分からないと入りにくいですよね。

大きな窓ガラスがあれば、外からでもお店の雰囲気を感じやすくなるため、お客様は安心してお店に入っていけますよ。

2つ目は、「自然光をたくさん取り入れられる」ということです。窓が大きい分だけ、光をたくさん取り込めますよ。店内が明るい雰囲気になるので、新しい店舗展開やリフォームをお考えの方にオススメです!

今回ご注文いただいた内容

昭和レトロ風ガラス
品種/形状/数量 昭和レトロ風ガラス5mm/四角形/2枚
サイズ
  • 横551mm x 縦1373mm
  • 横1087mm x 縦1373mm
切断面の処理 糸面【C】

「昭和レトロ風ガラス」について詳しくはこちら≫

「昭和レトロ風ガラス」について

 当社では、一般的な透明ガラスの表面に、特殊な塗料をゆらぎのあるように塗装(コーティング)することで、擬似的にゆらぎのあるガラスを製造することが出来ました。 本物のゆらぎガラス「レトロン」よりも、低コストでお買い求めいただけます。

また、色々な種類のガラスやサイズの大きなガラスにもコーティングすることができるので、内装、外装など色々な場所でご利用いただくことができますよ。

「昭和レトロ風ガラス」の紹介写真

お店の雰囲気づくりにはデザインガラスの使用がオススメ!

いかがでしたか?今回は、ハンバーガショップのファサード窓ガラスに「昭和レトロ風ガラス」を使用した事例をご紹介しました。デザイン性のあるガラスは、店舗の雰囲気づくりにはぴったりです!特に、「レトロモダンな雰囲気を作りたい!」という方には「昭和レトロガラス」がオススメですよ。

商品について詳しく知りたい方は、下のバナーをクリックしてみてくださいね。

昭和レトロ風ガラスについてお電話ください!
昭和レトロ風ガラスについてお電話ください!
受付時間:09:00~18:00 (毎週日曜日・祝日 定休)