リセットする

    ■ 古いガラス(昔風のガラス)の販売始めました♪

    古い昔の窓ガラスって、ゆらいで見えるので凄く味があるんですよね。

    昔(明治,大正,昭和初期)は、ガラスの製造の技術が足らなかった為に、歪みやゆらぎ、泡などの不純物が入ることによって、レトロ感あるガラスに仕上がっていた訳です。

    現在は、ガラスの製造の技術が進歩し、揺らぎはおろか、泡等の不純物もまず入ることがありません。

    しかし、歴史ある古い旅館や、建造物などでは、この「古いガラス」「昔のガラス」が必要。
    このニーズを解決してくれるのが、輸入のレトロガラス、昭和レトロガラスです。


    国内では、ゆらいだガラスは作っていませんが、海外なら作っていますので、これを輸入している訳です。
    当社でもゆらいだ輸入ガラスを扱っています。昭和レトロガラスといって、大変人気のあるガラスです。

    しかし、輸入ガラスには次の問題があります。

    • 値段が高価(海外運送費を含む為)
    • 安定供給が出来ない(在庫が切れると長期欠品する場合がある)
    • ガラス厚みが固定 3mm

    この問題を解決し、最近人気急上昇の昔風ガラスが、昭和レトロ風ガラスです。



    昭和レトロ風ガラスは、特殊な透明な塗料をガラスの表面にコーティングすることで、ガラスに擬似的に揺らぎを入れました。
    国内で製造する為、安定供給が可能で、ガラスの厚み、サイズに制限が輸入ガラス程小さく有りません。
    このメリットにプラスして、価格が安いというのが人気の理由です。

    古いガラス、昔のガラスは、当社の「昭和レトロガラス」&「昭和レトロ風ガラス」を是非ご利用ください。

    昭和レトロガラスの詳細はこちら